月刊花ルサ2015年12月号 『今月のページ』

月刊花ルサ読者の皆さま

今年も早いもので最後の月となりました。
2015年、最後のライブはクリスマスソングも交え、花乃ルサカ、千宝美さん、 谷有由子さんの3組でお届けしました!
ライブの模様や千宝美さん、谷さんからのメッセージも交え、12月号をお届けします!

★Contents★
1. Liveレポ&写真 12月5日@下北沢SEED SHIP
2. コラボしたお2人からのメッセージ
3. 今月のオススメ(リニューアル♪)



1. Liveレポ&写真 12月5日@下北沢SEED SHIP

よく晴れた青空の中、日射しが差し込むSEED SHIPで今年最後のライブが無事 終了しました!来て下さった皆様、ありがとうございました♪ お昼間のライブということもあって、お子様もOKのワイワイなライブになりました!
千宝美さんのステージでは、花乃ルサカも参加♪
あたたかくてパワフルな歌声の演奏で一気に会場もあったまりました〜!
続いて谷さんのステージ。
お父様のギターと谷さんのピアノボーカルで、さらに会場はヒートアップ♪。 澄んだ歌声と、ピアノ、そしてギターが織りなす演奏は、親子ならでは?!な素敵な空間でした!
(お父様は日大芸術学部ご出身とのこと。私(花乃)の大先輩で いらっしゃいました!楽屋で判明♪)

そして花乃ルサカのステージ。
お届けした曲は、
1.カナリア
2.チットチャット
3.I Saw Mommy Kissing Santa Claus
4.Amazing Grace
5.二度と来ない日(千宝美さんと共に)
6.Christmas Time(千宝美さん、谷さんと共に)

〜アンコール〜
「クリスマスソング・メドレー2015」をお届けしました。

鈴やタンバリン、歌で会場の皆さんとひとつになって素敵な楽曲達になりました♪
e0078743_11475897.jpg

e0078743_11483861.jpg

e0078743_1149166.jpg

e0078743_11494395.jpg


2. コラボしたお2人からのメッセージ

12/5のライブでコラボしたお2人から、
花乃ルサカのメルマガ向けに、素敵なメッセージを頂きました♪

★千宝美さんより★

はじめまして。
千宝美です。

出会いは2006年にリリースした「143号線」で花乃ちゃんにアレンジをお願いしたことから。
その頃から何度か”花乃ルサカ”のお二人とご一緒する機会はありましたが昨年、お二人に声をかけていただき久々に共演することができました。

昨年に引き続き今年も花乃ルサカのお二人とコラボさせていただいたんですが、
今年は私のステージもルサカちゃん、花乃ちゃんにお手伝いいただき本当に華やかになりました!!楽しかったなぁ。
ピアノ弾き語り…一人っきりのステージがほとんどなので、誰かと声と重ねたり音を奏でることが人一倍特別で贅沢な瞬間に思えるのかもしれません!!
そして花乃ルサカの楽曲は私のドンピシャ!ストライク!すごく好きな音楽なので歌う瞬間ワクワクしてしまう!ただ難しい!!練習中は何度か悶絶…しました(笑)
いやぁ、さらっとやっちゃうお二人がカッコイイです!!
柔らかであたたかな花乃ルサカの二人が作り出す空間。
チビッ子達の奏でる鈴の音、皆さんの手拍子、そして笑顔…今年もご一緒できて幸せでした。
またどこかでお逢いできることを祈って…。
素敵なクリスマスを!!
e0078743_11504347.jpg

※千宝美さん ウェブサイト
http://www.chihomi.info/index.html


★谷有由子さんより★

今回、初めて花乃ルサカさん、千宝美さんとご一緒させて頂きました。
素敵なクリスマスソングのコラボ曲をアレンジして下さり、メールでやりとりする中で、優しいお人柄を感じ、お会いするのが楽しみでした!
音楽に対する情熱や想い、そこにいる方達をあたたかく包み込み楽しませる力に溢れている方々だな〜と実感し、ずっと憧れの目で見ていました。
コラボ楽しかったー♡
クリスマス前のひと時、ご一緒に過ごすことができてとても幸せでした!!
ありがとうございました!
e0078743_11511566.jpg

※谷有由子さん(Tiny Sun) ウェブサイト
http://tiny-sun.com/



3.今月のオススメ(リニューアル♪)

それぞれ別の顔を持つ、花乃とルサカ。
花乃ルサカのもう1つの顔、、、から、オススメをお届けします!

★花乃(作詞家)からのおすすめ★

→新旧問わず、作詞した楽曲からオススメを紹介するコーナーとなりました。
(宣伝かよ〜と言われそうですが、、宣伝も兼ねて(笑))
クリスマスも近いので、、 CHEMISTRY「恋する雪 愛する空」。

2008年11月5日に発売された CHEMISTRYの25枚目のシングル。
カップヌードルのCMソングにもなっていました♪ 冬にピッタリの楽曲です!
この曲はめずらしく詞先(歌詞を先に書いてメロディーをつけるという手法) の楽曲でした。歌詞を書いたあと、メロディーを作曲家の方が書き、文字を調整していきました。
歌詞の捉え方は人それぞれ。というのが私のモットーですが、エピソードを少し。

この歌のストーリーは雪→昔の恋人。空→奥さんor今の恋人。 の比喩になっています。昔の恋人との再会で、グッと心が揺れ動く主人公。儚く消える恋に燃え上がりそうに なるけれど、今の恋人or 奥さんを同時に思い出し心に葛藤が生まれる主人公。その葛藤の中で辿り着いたのは 雪を降らせる大きな空があるから、今の自分がいるという現実。愛の大切さや壮大さ。です。 物語を紡ぐ前に生まれたテーマは、『刺激と安らぎ。相反する2つの世界。』 というところからストーリーが生まれていきました。
CHEMISTRYのお二人の甘くやさしく強く深い声で、絵が見える楽曲になっています! 歌い上げすぎず、歌詞が届く歌声。とても好きな作品です。

(歌詞) http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A03398
(音源全国CDショップ、(ネットでも)) ex)
http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9B%AA-%E6%84%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A9%BA-CHEMISTRY/dp/B001GDJ6XW



★ルサカ(悩めるママ)からのオススメ★

12月のライブは、子連れウェルカムということで、たくさんのママさん、パパさんもお越し下さってました♪
同じライブハウスにいても、じっと聞いたり笑ったり泣いたり、当たり前ですが反応はそれぞれでしたね。

さて、うちの愚息(以下、Gと表記)は3歳児。
日々の子育てでも、「なんでこんなことで、この子は泣いちゃうんだろう?怒っちゃうんだろう?」というナゾの連続です。
他のどの子とも、自分とも違う、一つの個性。
どう接したらいいのか、ほんと悩みます。。。

そこでおススメしたいのが。。。エニアグラム。
これは、人間を9つの基本的な性格タイプに分類した性格分析法なのですが、自分とは違うタイプについても理解することで、より人とのコミュニケーションを円滑にしようという考え方です。

もちろん、9タイプというのは、本当にざっくりとした分け方に過ぎないのですが、全てのタイプに、ピーンと思い当たる人が身近にいるんですよね。ビックリするほど。

それで、Gについても、「このタイプの子供が不機嫌になると、こうなる」というのが見事に当てはまるところが、あるのです。
具体的には、怒るとムスっとして無口になり、強情になるという…。しかも、なぜ怒っているかを聞かれても自分では言わないので(←これも全くGに当てはまる)、怒っている種を親が見つけてあげて、それに対して共感を示すと良い、というようなことまで、とある本に書かれていました。

がんばって実践してみたら。。。苦労はしましたが、見事に成功。
そのやり取りをするのは非常に時間がかかり、途中で何度も天を仰いで、もう諦めそうになる自分と闘わなければなりませんでしたが、ただ叱りつけるよりもGは心を開いてくれました。

怒っている種に対する、共感。

結局は、そんな当たり前のことなのでした。
でも、うまく説明できない子供と接していると、それがいつの間にか頭から抜けて「早くしなさい」という命令になってしまう。。。

エニアグラムで全てのことが解決するなんて思っていませんが、そんな当たり前のことを考えるきっかけにはなるのかな。
皆さんももし、「この子(人)は、なぜこうなんだろう!?」ということがあったら、少しは役立つかもしれませぬ~。
[PR]
Commented by ベビースター at 2015-12-28 05:09 x
血液型で性格を決めるのは、止めてほしいですね。
人の心の動きは難しいですね。
恋愛って何だろうと思いますね。
バブルガム・ブラザーズの『JUST BIGUN』
が一つの答えではないかと思います。
by hananorusaka | 2015-12-22 12:00 | diary | Comments(1)