<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花乃ルサカのライブに来て下さってどうもありがとうございました!

今日10/8は、告知した通り、初代官山でのライブでした。
ノマッドというライブハウスは、まだオープンして2ヶ月というピカピカの場所でした。

心配していたお天気もそんなにひどい雨はふらず、一安心でした。
貴重な3連休の初日に来て下さった皆さん、本当にどうもありがとうございました!

今回は、My name is love という新曲も演奏し、花乃ルサカはドッキドキでしたが、演奏してみて、またこの曲の新たな面が見えた気がします♪

ほんと、ライブリハとライブと、同じ曲を演奏しても、毎回お客さんとのライブでの空間で全然違うなぁとしみじみ感じています。生物ですねぇ(笑)

今日はゆったり座って見られなかった方はごめんなさいm( _ _)m
あああ。。。ゆっくりお風呂につかって、いい夢見てくださいね♪

っていっても、もうこんな時間じゃ皆寝てるかぁ〜〜。

とにかく、反省点もありますが、本当に楽しかったです。皆さんのおかげです!!
どうもありがとうございました。また、花乃ルサカのライブに是非足を運んで下さい!
心よりお待ちしています☆


ライブ終了後の楽屋にて♪
e0078743_1221248.jpg

[PR]
by hananorusaka | 2005-10-09 03:40 | diary | Comments(1)

10/8(土)ライブ!…の、リハ

今度の10/8にライブをやる代官山NOMADという箱は、花乃ルサカにとっては初めての場所。
なんでも、2ヶ月ほど前にできた新しいライブハウスらしいです。
ちょっと立ち寄ってみたけど、代官山駅の近くで雰囲気もいいし、感じのいいアコースティック・ライブハウスという感じ。
まだ初めて声をかけられただけなのに、「ここも拠点にしたいね~」などと勝手に話し合う私たちでありました(笑)。

で、今夜は花乃ルサカ&お馴染みJake氏(Gt.)の3人で、ライブに向けたリハ。
Jakeさんもとーっても穏やかで楽しいヒトなので、練習はいつも効率的だけど伸び伸びとした雰囲気なのです♪

花乃ちゃんが使っているキーボードの写真を載せようと思ってせっかく撮ったのに、なぜかuploadに失敗しました。
(昔からずっと機械オンチ…)
ま、後日また載せるので、10/8日はぜひ生を見に・聴きに来てくださいね!!

Rusaka 05.10.06
[PR]
by hananorusaka | 2005-10-07 00:46 | diary | Comments(2)

花乃ルサカの今日の英語~"heir"でrhyme♪

花乃ルサカのblogを読んでくれる人のために、何か少しでも役に立ちたいな~。
と思って始めた、ルサカがお送りするカンタン英語の連載、第三弾です。


昨日の"hair cut"からの連想で、今日は"heir."(=後継者)

というのも、この間「チャーリーとチョコレート工場」という映画を観たのですが(超おススメ!)、散髪中のジョニー・デップことウォンカさんが自分の白髪を見つけて、
"I must find an heir."
(跡継ぎを見つけなくては。)
とつぶやくシーンがあったもので、つい思い出してしまいました。
もちろんこのセリフは、髪の"hair" と 後継者の"heir"でrhymeさせている(韻を踏んでいる)わけです。
(ちなみに発音は、"heir"だとHは発音せず、エアみたいな音。だから不定冠詞は"a"でなく"an"。)

上の例は極端ですが、英語は日常的にも、母音をかけたり子音をかけたりして韻を踏むフレーズがよく使われます。
例えは、"last but not least..." (最後に...)
これは、複数の人や事柄を紹介する場合、「紹介するのは最後ですが、重要性が一番低いからというわけではありませんよ」みたいな意味をこめて言うフレーズです。
例えば人を紹介する場合は、
"Our team members are... Hanna, Jun, Ken,...and last but not (the) least, Jake !"
とか。事柄に関する場合の用法は、こんなサイトがあったのでこちらをご参考に。

後は、何のために言うわけでもないけど
"Be there or be square!"
(来てね!)
なんていう楽しいフレーズも。
別に、"Be there!"だけで十分意図は通じるんですけれども。
だって、「来ないんだったら四角になれっ!」って、意味分かんないです。。。笑
おまけに、ひょっとすると上の世代しか使わないのかも?
でも日本人が使ったらちょっとウケそうなフレーズですね。

といった感じで、下手すると日本語で言うダジャレのような言葉の使い方ですが、使う人が使うとめちゃくちゃカッコイイから面白いです。
Eminemの”Lose yourself"とか、言葉とリズムの絶妙な乗せ方といい歯切れの良さといい、すごいですね。
いいなと思ったらぜひ聴いてみてください。
ルーズ・ユアセルフ
エミネム ジェイ-Z / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B00008DYW3

(ちなみにダジャレとラップの差って何だろうと考えてしまう今日この頃。言う人のセンスはもちろん重要だけど、基本的にyo yo とか言ってればダジャレもラップに早変わり。。。?)
[PR]
by hananorusaka | 2005-10-04 15:03 | Rusaka's room〜今日の英語〜 | Comments(1)

花乃ルサカの今日の英語~"hair cut"

花乃ルサカのblogを読んでくれる人のために、何か少しでも役に立ちたいな~。
と思って始めた、ルサカがお送りするこの連載。
最初に書いてから何日もたってますが、とにかく第二段。



美容院のシャンプー台でポーっとしながら、このキーワードは日常的に使えるんじゃないかと思いました。

普通に「髪を切る」は "to get a hair cut."
例えば、「私ちょうど髪切ってきたの。どうかな、この髪型?」は 、"I just got a hir cut. What do you think?"

相手が何も言わなくても、友達や職場の人が髪を切って来たなーと思ったら、
"Oh, you got a hair cut! I like it."
(髪の毛切ったんだ~。いいね。)
と言ってあげましょう。

逆に、「その髪型やばいんじゃない?」と思う友達には、
"You know what? You'd better get a hair cut."
(ねぇ、美容院行った方がよくない?)
なんて茶化してみたりして。
"get a hair cut" を "change your hair style"(髪型を変える) にしても大丈夫です。

あと、鏡の前でどうあがいてもなぜか髪型がキマらない日。
"It's a bad hair day !"
と嘆く女友達がたくさんいました。
もちろん男性も使えますよん。
高校の時の数学の先生が、ハゲてるのに
"It's a baaaaaa.....d hair day !!"
と言っていて可笑しかった記憶が。
[PR]
by hananorusaka | 2005-10-03 22:43 | Rusaka's room〜今日の英語〜 | Comments(1)

花乃ルサカのBLOG


by hananorusaka
プロフィールを見る
画像一覧