<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花乃ルサカ 初SPUMAライブ with 茂木ミユキ

ああ~リズミカルで楽しかった!
というのが、今回のライブの一言目の感想であります♪
聴きに来てくれた皆さんも、楽しんでもらえたでしょうか?
寒い中ほんとにありがとうございました!!


今日は花乃ルサカに加えて、アコギのJakeさんとベースのMaRくんが入ることは決定していたのですが、パーカッションの大谷さんは急遽、参加してもらうことになって、なんと前々日に一度合わせただけで参加してもらったのでした!
お蔭で、ベースの音と相乗効果で、全体に楽しくもピリっとした感じが。
(もちろんリズムを刻む人が増える分、アレンジにも楽しい悩みが生じるわけなんですけれども。)
今回はバタバタして写真を全然撮れなかったので残念なんですが、私(ルサカ)は特にカホーンが印象に残りましたー。
カホーンってこんな感じです。
ちなみに大谷さんのには幾何学模様がついていて、もっとオシャレでした。
見た目なんてただの箱(言いすぎか。。。)なのに、音がカッコイイ!
しかも、楽器の上に座って敲いちゃうし!
元はフラメンコの楽器だったんですね。へぇー。

それはさておき、今回のライブのメニュー。

1.カナリア
2.記憶
3.RING
4.砂の花
5.Sensation
6.チェイス
7.my name is love
8.more than words
9.サヨナラが聞こえる


個人的には、ベースとパーカッションのお蔭で音に厚みが増して、RINGの時の"Pain"という歌詞のところで音が「ドッカーン」と来る感覚が、たまりませんでした♪
そして言うまでもなく、アップテンポの曲はリズム隊が入って超ノリが良くなったので、歌っていて何かこう、踊りだしたくなる気分でしたねぇ。特にチェイスとか。
楽器にコンデンサーマイクを付けてみたので、わりと自由に動けたし。
なにげにチェイスは私のバイオリンのソロパートを増やしたので、その分またドッキドキだったんですけどね(笑)。
でも皆さんからも良い感想を頂いたので、調子に乗って次はバイオリンのインスト曲とかも書いてみよっかな!?

そういえばライブのMC中に、他のメンバーが何やらヒソヒソと、でもすごい勢いで相談していたので、一体どうしたんだろうと他人事のように不思議に思ったのですが、
なんと。
私が準備した曲リストの順番が一箇所、間違っていたらしいんですね、
あはは~(^0^;;

MCの後にmore than wordsをやるかと思いきや、私がmy name is loveを歌いだしたもんで、メンバー間で物凄い濃度の視線が交わされていたらしいです。。。(笑)。
ま、これもライブの醍醐味ってことで勘弁してもらえますように!

ところで今回の場所はライブハウスでなくカフェだったわけですが、来てくださったお客さまとしては、居心地・聴き心地・食べ心地はどうだったでしょう??
今後もカフェでやるかもしれないので、場所の感想なども良かったらぜひ書き込んでくださいね!

そして最後になりましたが、茂木ミユキさん。
やっぱり大好き!彼女の歌声は!
ほとんど歳は違わないんですけれども、とにかく学生時代、ミユの歌を最初に聴いて「私も歌いたい!!!」と思わせてくれた、私にとって大事な先輩ですから。
一緒にサポートとして入っていたバンドの皆さんも、仕事を頑張りながら、あるいは音楽ひとすじに、いろんな想いを抱えつつ、ライブで一体になってる。
そして花乃ルサカも、その場にいるお客さんも皆、そういう大きな輪でつながっていると思うと、やっぱり音楽っていいなあぁと、またしみじみ思ってしまいました。

ミユは今、可愛い一児の母です。
ライブを終えて娘を抱き上げる姿に、どこか眩いものを感じました。
私もいつかは子供ほしい!けど、やりたいこと止められないし。。。という、会社勤めしていた頃からの葛藤が少し和らいだ気がしましたが、その辺の話はまたにして、今日はこの辺で。
[PR]
by hananorusaka | 2006-01-30 04:28 | diary | Comments(1)

花乃ルサカ 今度のライブは…

来る1/29(日)のライブに、花乃ルサカとタイバンで出演する茂木ミユキさんについてちょっとご紹介します。

ミユは、実は私(ルサカ)が学生時代に一時期活動していたアカペラサークルの先輩。

まあほとんど学年は変わらないのですが、今度出演する彼女のバンドメンバー含めて皆、憧れの眼差しを向けていた先輩たちだったのです~。
ミユの独特の声やオーラと、カッコイイ歌いっぷりは当時から有名で、同じ期にいた一青窈さんよりもずっと早くから注目を集めていたくらい。何せ私は、大学でアカペラというものに出会うまで歌と言えばオペラばかり聴いていたのですが (←変な子供…)、ライブでミユの歌声を聴き、「私もコレがやりたい!!」と目から鱗の心境で、ポップスの歌にハマることになったのです。
その後就職した私がパソコンと睨めっこの日々を送っている間にも、彼女の方はメジャーデビューし、活躍し続けていました。
M.I.U.
茂木ミユキ みゆ 松本隆 / 東芝EMI
ISBN : B0000635NP
洪水
茂木ミユキ 松本隆 本間昭光 みゆ 成田忍 / 東芝EMI

そんなミユと、花乃ルサカがお世話になっているJakeさんにつながりのある事が、しばらく前に発覚!
ミユとJakeさんももちろん音楽を通じて知り合ったらしいのですが、ただごとならぬ(?)縁を感じた私たちは、タイバンでライブを企画することに。
ということで、知り合って何年もの年月を経て、私はミユと同じステージに立つことになったわけで、私としては非常に感慨深いわけなのです。うるうる。
それにしても大変なのは、両方のバンドで演奏しっぱなしのJakeさんなのですが(笑)、とにかく私は普段にも増してやる気バッチリ。
ミユのバンドの方もお楽しみに、花乃ルサカの今度のライブ、ぜひぜひ聴きに来てくださいね!♪
[PR]
by hananorusaka | 2006-01-24 05:01 | diary | Comments(0)

花乃ルサカ 今年初ライブ!@代官山NOMAD

今年の初ライブは、いきなり花乃ルサカ2人だけの編成でガツンと演ってきました!
なんとか雪は免れましたが、寒い中来てくれた皆さん、ほんとにどうもありがとうございましたー!

去年12月の2回の花乃ルサカLIVEでは、両方ともアコギのJakeさんやらviolinの潤さんやらがいてくれたので、花乃ルサカの2人だけだと新たに身の引き締まる思いでしたね。はい。
それが、良い意味でも演奏に表れていたといいんですが。
今回のメニューはこんな感じでした。

1.カナリア
2.記憶
3.Sensation
4.Let's fall in love(Jazzのナンバー)
5.my name is love
6.RING
7.砂の花
8.more than words


私(ルサカ)は今回また自分でviolinを弾いたのですが、弾いているときは楽しいものの、やっぱり弾きながら歌うのは難しい~。
でも「あー、この部分にviolinのフレーズが欲しいっ」とか思うと、大人しく立っていればいいところをどうしても欲張りになって弾いてしまったり。
顎ではさむ楽器でなければ、ギターみたいに弾き語りできるのに!
と思うと切ない(?)ですが、頑張ってフォーク系のフィドルみたいに腕において弾くのもなんか違う気がするので、今後はアレンジをもっと工夫していきたい気持ちです。
花乃ちゃんのピアノのフレーズも、2人だけの演奏の時は若干変えたりしているのですが、編成が変わるたびにフレーズが少しずつ変化していくのも、毎回のちょっとした楽しみです。
これからももっと色々、改良していきたいですねぇ♪

余談ですが、私のviolinの弦で最近お気に入りの種類がありまして、花乃ルサカのライブにいらしたviolin業界の方から、なんとその弦をワンセット頂いてしまいました!
(ほんとにありがとうございます!)
violinの弦て、見た目よりはなにげに高いんですよ~。おまけにこの種類は新しいタイプの高級品らしくて、自分で買うときも清水の舞台から飛び降りる…までは行かないけど、新種で分からないながらも少し思い切って買った弦だったのでした。
evah pirazzi(エヴァ・ピラッツィ)と言って、こんなパッケージに入っています。(うーん ちょっと色っぽい♪ 笑)

音色は、他のスタンダードな弦よりも音量があって輝かしい張りと艶がある感じ。
私の楽器は柔らかい音だけどあまり音量は出ないタイプなので、組み合わせるとしっくり来て、気に入ってます。
1/29(日)のライブもこの弦で登場するので、どうぞお楽しみに♪

それでは最後に、ライブ後の楽屋で撮った花乃ルサカ2人の写真で今日はお別れでーす。
e0078743_2284981.jpg

[PR]
by hananorusaka | 2006-01-22 02:32 | diary | Comments(2)

花乃ルサカ 練習中~♪

花乃ルサカの今年初のライブが近づいてきました♪
12月中は私(ルサカ)は、バイオリンを潤さんにお任せしてましたが、今月はまた自分でバイオリンを持って登場しようと思ってます!
というわけで、バイオリン練習中の図。
e0078743_0285468.jpg


ほんとは、潤さんが弾いてくれた時のように、曲中でもずーっと弾いていたいくらいなんですが…いかんせん、弾きながら歌うことができないので (出来てもちょっと不気味?)、弾くタイミングがどうしても限られてしまうのですねぇ。

そして花乃ちゃんももちろん、いつもどおりキーボードを弾きながらコーラスもやりますよん。
e0078743_0474359.jpg


そしてJakeさん、この日はいつもと違うギターで練習です。
縞の模様だからシマリスくんって呼ばれてるんですって♪
(ギターが、ですよ。)
e0078743_0483133.jpg


そしてそして!1/29@渋谷SPUMAのライブでは、初参加のベーシスト、MaR氏も登場!
MaR氏はアレンジャーとしても活躍していて、以前ライブで配布した花乃ルサカの音源のアレンジも、彼の手によるもの。
どんなカッコイイ演奏をしてくれるか、本番お楽しみに~!
e0078743_046425.jpg

[PR]
by hananorusaka | 2006-01-18 00:51 | diary | Comments(0)

花乃ルサカの今日の英語~"Coming-of-Age day"

花乃ルサカのblogを読んでくれる人のために、何か少しでも役に立ちたいな~。と思って始めた、ルサカがお送りするカンタン英語の連載、第五弾!

そういえばこの間は成人の日でしたが、「成人の日」って英語で何て言うんだっけ?
と思ってチャチャっと調べたところ、"Coming-of-Age day"って言うんですね。
へぇ~。知らなかった。
Did you know that?

でも外国の人に説明する場合は、"Coming-of-Age day"って言っても分かりにくいので、"Day celebrating the legal age for adulthood"と言ってもいいそうですよ。(長いけど…)
この訳だと、ちゃんと飽くまでも"legal"(法的な)歳であって、"mental"(精神的な)歳ではないという意味が伝わってきて面白いと思ったのは、私だけでしょうか。笑。
昔の農村などでは、「大人になった」とされる基準は歳ではなくて、「1日に60キロの柴を刈って12キロ売り歩けたら一人前の男である!」みたいな基準だったそうですが、現代でそういう基準を設けたらいったい、どんな基準になるんでしょうねぇ~。

せっかくなので、調べたついでに出てきた、他の国民の祝日(national holiday)も一挙公開。

1月1日 (元旦): New Year's Day
1月第2月曜日 (成人の日): Coming-of-Age Day
2月11日 (建国記念日): National Foundation Day
3月21日頃 (春分の日): Vernal Equinox Day
4月28日 (みどりの日): Green Day
5月3日 (憲法記念日): Constitution Memorial Day
5月5日 (子供の日): Children's Day
7月20日 (海の日): Marine Day
9月15日 (敬老の日): Respect-for-the-Aged Day
9月23日頃 (秋分の日): Autumnal Equinox Day
10月第2月曜日 (体育の日): Sports Day
11月3日 (文化の日): Culture Day
11月23日 (勤労感謝の日): Labor Thanksgiving Day
12月23日 (天皇誕生日): Emperor's Birthday


ちなみに1月第3月曜日は、アメリカでは"Martin Luther King, Jr. Day"という祝日らしいです。そう、人類の平等を訴えた"I have a dream"の演説で有名な、キング牧師の記念日。
その有名な演説や、映画の中のスピーチなどいろんなスピーチをテキスト付きで聞けるサイトを発見!
http://www.americanrhetoric.com/index.htm
こんな英語の勉強方法も、面白いかもしれませんね♪

それではまた!
See you~.
[PR]
by hananorusaka | 2006-01-12 00:44 | ルサカのColumn | Comments(0)

さらにもう一言♪

2006年ですね!
ルサカちゃんも書いてくれてましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します!!

ルサカちゃんは素敵なお正月だったみたいですが、私はぜ〜んぜんいつもと変わらない感じで過ごしてました(笑)作家のコンペの歌詞書いてて、新年になった。

毎年、お正月って苦手なんですよねぇ。なぜか。。
大体いつも年末から沢山のイベントがあって、友達とか、仕事関係のカウントダウンライブに行って、そのまま新年に突入する感じなんですが、今年はここ数年にしてはめずらしく何処にも行かなかったです。
去年は確か、3つくらいライブを駆け回った気がする...私は歩く年賀状みたいだな〜と思った。一昨年は横浜アリーナの楽屋で乾杯した気がする...そして元旦は武道館にいたっけ。(笑)

でも、苦手な理由は全然ライブのせいじゃなくって、ライブはむしろ楽しいんだけど、なんかこう、いきなり1年がリセットされる感じで、「ちょ、ちょっと待って〜。」って感じで過ぎちゃう感じがダメなのかもです。マイペースすぎなんでしょうか。色んな人が色んなペースで時間を生きてるのに、大晦日からお正月って、全員といっていい程、時間の感じ方が同じになるじゃないですか。
その勢いっていうか、その感覚がどうもあわないみたいです。だから何?って言われそうな感じだけどね(笑)

って、、そんな楽しくない気持ちを新年そうそう書いてちゃダメですね(^^)

あ、お正月の好きなところもあった。空気が綺麗なところ!!
高速から見た東京タワーは、いつもよりキラッキラでした♪
車が少ないと、こんなにも空気は変わるのねっ!と毎年思う。でもその気持ちを車の中で窓を開けて感じてるのは自分でもどうかと思う。(笑)

ええと、余談はこのくらいにして、、
今年の目標は、もちろん、花乃ルサカの活動を更に充実させるよう頑張る事です!
具体的にはルサカちゃんが書いてくれてましたが、去年からライブを始めて本当に色々感謝と焦りとやる気とetc...感じることがありました。1日でも長く、一人でも多くの方に聞いてもらえるように頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!!

そして個人的には、今年が平成何年か、すぐに言えるようになろうと決めました。そして今日が何曜日かも、、。なんて消極的、って思うでしょ?(笑)
曲とか、歌詞書いたりする以外にもうちょっと高度な目標が出来ればいいんですけどねぇ。

とにかく、、
1日1日を大事にして、大事な人を大事に想う気持ちをなくさないで、反省はしても後悔はしないようにしたいですね♪
またライブでお会いしましょうっ!!!(^^)/~

♪おまけ♪
<うたのことばならぬ 色のことば>

”たちこめる雲だって 溢れるヒカリは 白で染められないね
 大丈夫 大丈夫 朝と夜が混じる色 空はぶつからないくらい 広いから”

今年、どんな事が起こっても、おっきい気持ちをもって、あったかい太陽があることを忘れずいられますように。
花乃ルサカの音でほんの1ミリでも、雲を吹き飛ばせる力になりますように。皆さんにとって、よい年となりますように♪
e0078743_4475257.jpg
あ〜。また夢想っぽい事を、、。
といっても、本当に眠って夕方ちょこっと見た夢は、私の好きな俳優が私の先生で、その人に私は涙ながらに「きのこについて」を語っていた...笑
寝ても覚めても、ダメダメだ。。 笑
[PR]
by hananorusaka | 2006-01-07 05:19 | diary | Comments(4)

新年!といえば…

2006年、新しい年がスタートしましたね!
今年の花乃ルサカは、いつものライブハウス以外にも、いろんなイベント(それにストリートもあり!?)に出てさらに輪を広げていきたいと思っています!
それに、ライブでも色んなミュージシャンや他のジャンルのアーティストともコラボしてみたいし、お客さんとももっと近くなるような演奏をしたいし、更にはライブ以外でも聴いてもらえるような形を作りたいし…♪
と、とても欲張りな私たち。
今年もどうぞよろしくお願いしまーす☆m( _ _ )mm( _ _ )m

さて新年といえば、やっぱり家族や親戚と過ごしたり、昔からの古い友達と集まったりする季節ですよね。
私はつい先日、ポーランドに住んでいた頃にピアノでお世話になった高橋多佳子さんというピアニストの方と久しぶりの再会を果たし、とても懐かしくハッピーなお正月を過ごしました♪
この高橋多佳子さんという方、ショパンコンクールにも入賞されたことのある、世界でも超実力派のピアニストなのであります。
そのピアノのタッチは吸いつくように滑らかで華やか、なのに迫力は満点の演奏!
東京でもよく紀尾井ホールなどでコンサートをされているので、ピアノがお好きな方はぜひぜひ、ブログやホームページをチェックしてみてくださいね!

高橋多佳子の「!」な毎日

高橋多佳子ウェブサイト

私は多佳子さんの師匠であり旦那様でもある先生にピアノを習っていたのですが、ご夫婦そろってピアノは物凄い腕なのに、口を開くと軽快でコミカルなトークといった感じで、ピアノだけではなく「常に芸人であれ!」という心意気を教わったような気がします。笑。
いや~、これからもずっと見習わねば!

Rusaka
e0078743_227030.jpg
[PR]
by hananorusaka | 2006-01-06 02:37 | diary | Comments(2)

花乃ルサカのBLOG


by hananorusaka
プロフィールを見る
画像一覧