<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

リリースのお知らせ♪(花乃)

こんにちは。

花乃です。

ルサカちゃんは本人曰く2月(予定)にBabyをリリース予定ですが(笑)
私花乃は、11月に幾つかリリースがありますので、お知らせを♪

060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif
<CD>
○11月16日 リリース
関ジャニ∞ 「FIGHT」収録 
•「365日家族」〜ドラマ 「生まれる」主題歌〜

○11月23日 リリース
kylee 「17」収録
•「キミがいるから」〜映画「誰かが私にキスをした」主題歌〜

○11月23日 リリース
玉城千春「Brand New Days」 収録
•「雫」

<本>
見て 感じて 考えて 作詞する本
著者:田中花乃
写真:阿部薫
※全国の島村楽器及びネットでは下記でお求め頂けます。
http://store.shimamura.co.jp/shop/g/g4514812081097/

060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif

では、それぞれに対してのコメントを..。

○本。に関しては、初めての挑戦。でした。
島村楽器さんに、「作詞の本」を出しませんか?とお話を頂いて、
それは、例えば全く予期していなかった男性から「僕とつき合いませんか?」と言われた時の、、嬉しいような、困ったような、、ビックリ加減と同じような感覚で。。。
というのは冗談ですが、
とにかく、自分だって作詞についてなんて分かってるかもワカラナイのに、本を出すなんて...いいのだろうか...。とかなりの葛藤が個人的にはあったのですが、スタッフの方々との話し合いの中で、
いわゆる「教科書」的な本じゃないアプローチで、作詞をとらえた本を出せたら、、となり、
そこからは葛藤は、どんな風にしていこう?という楽しい悩みに変わっていきました。
阿部薫さんの素敵な写真。 があったからこそ 出来上がった本。
阿部さんの個展期間中に発売。というなんともありがたいタイミングで、さらに演奏もさせていただいて、、感謝です。



○関ジャニ∞さんは、今日11月23日から5大ドームツアーをされるようです!
東京は、東京ドーム 3Daysか〜。すごい。行って...みようか...否か...
CDはパッケージも3つあって、どれもとてもかわいい。全然顔写真が前面に出てないのにもちょっと驚きましたが、カッコいい人達が、そういうアプローチをするのって、なんか逆にかっこいい。


○kyleeさんは、17歳ということで、このアルバムタイトルもついたのかと思いますが、
17歳ならではのアルバム。そして、きっと一過性ではなくって残っていくアルバム。になっていると思いました☆ 
アイドルの17歳もいれば、シンガーの17歳もいて、、
色んな17歳のアルバムがあるかと思いますが、
これは、共感を超えて、共鳴する!アルバムです。ほんとに。

○玉城千春さんのこのアルバムは、著名な方々とコラボされています♪
そんな中、いち作詞家の私も参加できてありがたや〜! です。
玉城さんといえば、言わずとしれたkiroroのボーカル。今回はソロアルバムです。
kiroroと同じ形態の花乃ルサカをしてる私としては、ちょっと、普通の作詞をする時とはまた違った感覚がやってきたことも確か。

提供させていただきました曲は、、皆さんとコンセプトを決め。。

結ばれそうで、結ばれなかった 過去の恋。をふと思い出した瞬間。を歌ったうたです。

お互い好き合っている気持ちを、どこか感じながらも、その先に進むことができなかった。
こんな経験はありませんか...?

結ばれたい。と強く願う気持ちはあるのに、何かが心を止めてしまう。
それは、前に踏み出す勇気がない。。とか、一言でかたずけられる程 現実は簡単ではないはずです。

心の奥底に沈んでいたそんな恋の思い出は、日常の中で感じる 何気ないきっかけで、ふと頭をもたげるもの。
懐かしい曲を聞いた時だったり、、思い出の匂いをすいこんだ瞬間だったり、、夢の中にみたり、、etc...。

そんな時は、『未練』。とは違うけど、一瞬思い出の恋人に当時と同じ恋心がやってきて、何だか胸が苦しくなったりする。けれど、やがて感情は 時間とともにまた心の底に沈んでいく。

燃える炎。よりも、指先をあたためるくらいのあたたかさが じんわり包む。
そんな感じでしょうか。

裏テーマとしては、
文字にはしてないけど、昔の恋心が沈むと同時に、今の恋人への愛情を再確認したりもする、何とも複雑な女性の心。を思い描きながら。

歌詞『そっと 手を伸ばしたなら ひとつになれた ふたり だったでしょう』

そのあとは... 玉城さんの澄んだ声で、
聞いてね(^0^)/

長くなっちゃった。 まぁたまには♪


花乃
[PR]
by hananorusaka | 2011-11-23 17:13 | diary | Comments(2)

縁(えにし)にて♪

こんばんは☆

今日は、阿部薫さんと水野千郁さんの個展にて、花乃ルサカは演奏させていただきました♪
e0078743_045554.jpg



盛り上がったhk styleさんの後で、、しっとりとお届けさせて頂きました☆

それにしても...写真と詩。が真っ白い壁に散りばめられたギャラリー。
個々の作品はもちろんのこと、
ギャラリーそのものが大きな1つの作品になるのですね!
と、、拝見しながら思いました。

ワンマンで、ライブ気分は脱力していたので、こうやって改めて演奏出来る場を頂けて、嬉しかった&楽しかったです☆

そしてそして、偶然にも ちょうど、私(花乃)の作詞の本。がリリースされることとなり♪
11/19日です。
島村楽器の方々がほやほやの本を届けてくださいました!
著者は私ですが、写真を見ながら歌詞を紡いで行く本となっています。
書き込み式(業界初らしいです)の本で、
一冊読破?すると、一曲分の作詞が出来ている。
という目的をもった 本です。
写真は、阿部薫さんにお願い致しました☆


そんな本。「縁」開催と同時に、皆様にお知らせすることが出来ました。
これも縁ですね。

縁といえば、hk styleの小島さんは、数年前に私がピアノとアレンジをした千宝美さんのアルバム制作の際に、お会いしていて、1度同じステージで演奏をしたこともありました☆

作詞本に関しては、明日、、またブログ書きます。
(今、ここに詳細を載せようと思ったら、本を個展に置いてきてしまったことが判明...)


とにもかくにも、今日を持ってライブは、本当にしばしのお別れとなります。
あたたかく聞いて下さった皆様、どうもありがとうございました♪

花乃

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
今日演奏したのは、
1.my name is love
2.幻想変奏曲
3.暁

でした☆☆☆☆☆☆☆☆
 
[PR]
by hananorusaka | 2011-11-12 00:48 | diary | Comments(6)

今週の金曜日は...

こんばんは☆
花乃です。


花乃ルサカは、急遽 阿部薫さんの個展にて演奏させていただく事になりました♪


散々ワンマンで、ではまた春過ぎに!!とお伝えしましたが(^^;)
ご好意に甘えて…2、3曲演奏致します☆ほぼ、生音で♪


写真を楽しみつつ…
耳を傾けてくださいね♪


以下、詳細です☆
11月11日(金)阿部薫、水野千郁の個展
縁(えにし)『4年ぶりだよ!! 全員集合!!』

入場無料ライブですので、ふるってご参加ください。
※人数的に限界がありますので問い合わせなど、詳しいお知らせは阿部さんのblogをご覧くださいませ。
阿部薫「どびん茶瓶かおる便」
http://blog.goo.ne.jp/k-abe_0111/e/b11043d68d576988dbe45b8ac0924eeb

問い合わせが多い場合、整理券を発行する形になります。

19:30頃より、
Gallery LE DECO (ギャラリー ル・デコ)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 TOWAビル 2F

http://home.att.ne.jp/gamma/ledeco/index.html
[PR]
by hananorusaka | 2011-11-07 19:53 | diary | Comments(2)

月刊花ルサ、ちょっと遅れます

こんばんは、ルサカです001.gif

今日のお天気はちょっと冷え込みましたね。
ようやくニットの出番でした072.gif

毎月7日配信の月刊花ルサですが、今月は諸事情により、11/11頃に配信の予定です。
申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします!

ワンマンライブの時の写真などもシークレットページに載せる予定なので、どうぞお楽しみに035.gif

それではまた〜!
ルサカでした。
[PR]
by hananorusaka | 2011-11-07 01:22 | diary | Comments(0)

花乃ルサカのBLOG


by hananorusaka
プロフィールを見る
画像一覧