<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ライブ情報

★ライブ情報★---------------------

2015/9/2(水)@四谷天窓.comfort
http://otonami.com/comfort/map/
18:30open 19:00start

※花乃ルサカの出演は4組中4組目、 21:00-21:35 です。
 ぜひ他のアーティストさんのステージもごゆっくりお楽しみください!



花乃ルサカ ワンマンライブ
「二度と来ない日〜No.199〜」

■場所
四谷天窓.comfort
http://otonami.com/comfort/map/

■日時
2015/10/3(土)
18:45 開場 / 19:15 開演 (21:15終演予定)

■料金:3500円(ドリンク代別途600円)
■出演:
  花乃ルサカ(piano 田中花乃、vocal/violin 清水瑠沙香)
  斉藤“jake”慎吾(guitar)
  坂上領(flute,etc.)

おかげさまで、花乃ルサカは今年でユニット結成10周年を迎えました。
199回目のライブとなる本ワンマンライブは、初心に戻り、
初ワンマンライブを行なった四谷天窓.comfortにてアコースティックスタイルで行ないます。
ゆる楽しいトークとともに、未披露の初期楽曲から新曲まで、
熟成度を増した(!?)花乃ルサカサウンドをお楽しみください♪
新しいグッズの販売も行います!


2015/12/5(土)昼 クリスマスライブ@下北沢Seed Ship
http://seed-ship.com/access.php
13:00-15:00(予定)
ACT:
・千宝美
 http://www.chihomi.info/index.html
・Tiny Sun
http://tiny-sun.com/
  ・花乃ルサカ

12/5のライブは、お子さん連れの方、大歓迎です!
クリスマスソングも交えてお届けしていきます。
千宝美さん、Tiny Sunさんとのコラボもあるので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by hananorusaka | 2015-10-30 13:37 | Comments(0)

月刊花ルサ2015年11月号

月刊花ルサ読者の皆さま こんにちは001.gif
秋真っただ中な今日この頃、風邪などひいていませんか?
今月号は、10月のワンマンライブの模様をお届けします!
では、早速月刊花ルサスタートです!
from花乃

★Contents★
1.ワンマンライブレポ 10月3日@四谷天窓.comfort
2.ワンマンライブ 写真
3.花乃&ルサカより ~ワンマンライブを終えて~



1.ワンマンライブレポ 10月3日@四谷天窓.comfort

二度と来ない日〜No.199〜。
ライブを始めてから199回目となる2015年 10月3日。
花乃ルサカはゆかりのある四谷天窓.comfortにてワンマンライブ を行いました!
ハロウィン月だったこともあって、店内はオレンジ色のやさしい雰囲気と、 お祭りのワクワク感が混じった演出。
サポートには
ギター さいとう”jake”しんご 
ゲストにはフルート等 坂上領
を迎えて4人でお届けしました。

※ジェイクさんがいなければ、花乃ルサカのライブライフはなかったと言っても 過言ではありません。
ライブとはなんぞや。というところから、アレンジなど など、いつも同じ目線で優しく寄り添い、力をくれています。
坂上君もジェイクさんを通じて出会い、今では花乃ルサカには欠かせないメンバーです。楽曲に華やかな彩りを加えてくれています。

演奏曲は下記の通り。

1.コンダクター
2.暁
3.clover
4.チット・チャット
5.迷路
6.虹
7.檸檬
8.ハンガリアン・ウォーター・ラプソディー
9.RING
10.cuculus canorus
11.月兎
12.チェイス
13.Fine Day
14.雫
15.二度と来ない日

〜アンコール〜
1.ゼロ
2.サヨナラが聞こえる


・チット・チャットはジャズ風の新曲。
 作曲した当初、迷路は元はR&B風、 虹はEDM風でした。
 ルサカちゃんの声も今とは全く違い、二人で何ができ るのか試行錯誤の日々。
 楽しいながらも焦りや不安も正直あった頃。

・初ライブでは、サヨナラが聞こえるを含め、ファーストシングルお披露目も兼ねて演奏したのが思い出されます。
 確かこの曲でルサカちゃんはギターにトライしたような?!

・RINGという楽曲は幾つものパターンを試し、Aメロが全然違うバージョンも当時ありました。
 サビの言葉は、二人で原宿から渋谷へ向かう明治通りから一本はいったカフェで生まれました。
 『BLACK PAIN』。 このキーワードから一気に命が吹き込まれた曲です。

・クラシックが二人とも好きということ、演奏してきたことから、インストも作りはじめ、ハンガリアン・ウォーター・ラプソディーもその中のひとつ。
  歌、楽器、が同じラインに立ち、曲の中で交互にメインに立つイメージは、花乃ルサカが表現したいことのひとつです。

などなど、一曲ずつ思い出がありますが、ワンマンライブで皆さんと共有できた時間を過ごし、この日のために生まれた曲達だったんだ。という実感が湧いてきました。
二度と来ない日。まさにスペシャルな一日でした!

by hanano


2.写真
e0078743_12505727.jpg

e0078743_1251548.jpg

e0078743_12524057.jpg

e0078743_1253876.jpg

e0078743_1254393.jpg

e0078743_1255390.jpg

e0078743_12551931.jpg

e0078743_12554070.jpg

e0078743_12564251.jpg

e0078743_12573329.jpg

e0078743_12582217.jpg


3.花乃&ルサカより ~ワンマンライブを終えて~

花乃→
しつこくなってしまいますが、本当に来て下さったみなさま、ありがとう ございました!
スーパーサプライズでクラッカー、そしてケーキまで頂き、 嬉しかったです。
あの瞬間は、ステージと客席がまるっと逆になったかの ような感覚を覚え、不思議な感じでした。
花乃ルサカの楽曲は、客観的にみるのは自分ではなかなか難しいのですが、 ファーストフードではなく、オーガニック食品なのかもしれません。
その意味は、身体にはよくないかもしれないけど、メチャメチャ美味しい ジャンクフード。
毎日はいらないけど、無性に食べたくなり、食べた時の ハッピー感はたまらない。 
オーガニック食品は、身体には良いけれど、 果たして本当に心の底から美味しいか分からないこともしばしば。
でも毎日摂り続けることで日々を健やかに保てるもの。
つまり、花乃ルサカの音楽は、ストレス発散に最適!でもなく、テンシン あがりまくりになる!でもなく、灰汁がなく、添加物もなく、サラッとしていて一見味気ないかもしれない。
でも、10年前の楽曲も、今の楽曲も、素材の味を楽しむことができ、皆さんとナチュラルな時間を創ることができる。
熱い想いも深い哀しみも、強いメッセージも、どんなテーマの楽曲でも。
叫んでストレス発散、は分かりやすいけど、深呼吸をしながら日々の疲れを癒せるような、明日からまた頑張ろうと思えるような、やさしさとつよさを忘れずこれからも活動していきたい。
と、皆さんとの時間を通して思いました。
これからも、よろしくお願いします!そして、本当にありがとうでした。
花乃


ルサカ→

今回のワンマンライブを行なうに当たって、10周年の節目ということもあり、花乃ルサカが存在する意味ってなんだろうと自分自身に問うことが多くありました。
振り返ってみると、花乃ルサカを立ち上げる前、私は会社人(←社会人でなく、会社人。笑)として必死に毎日働いていて、陸に上がった魚が水を欲するくらい、音楽を欲してました。
通勤中、満員電車の窓が小さすぎて。オフィス街の空が四角すぎて。
いろんな意味で息ができませんでした。
でもヘッドフォンをつけて目を閉じただけで、心は無限の世界に飛んでいけた。
花乃ルサカを聴いて下さる皆さんは、もっと楽に呼吸しながら日々過ごしていることを願いつつも(笑)、ふと疲れたとき、迷ったとき、そばに寄り添って、心のしこりを溶かし、また一歩踏み出そう!と思ってもらえるような存在になれたらいいな。なんて思っています。
そして、ライブでも元気をチャージしていって頂けたらな、と。

…ところがこの間のワンマンでは、私たちが元気をチャージさせる側になるはずが、お客さまからの思ってもいないサプライズ!
突然ジェイクさんと坂上君(←お客さまとグルになってました~)が曲を演奏しだし、客席からクラッカーが鳴り、ケーキが登場して… と、まるで夢の中にいる気分。
やられました。笑
このハッピーな気持ち、また次へのエネルギーに変えて皆さんにお届けします!待っててくださいね!017.gif058.gif
ルサカ
e0078743_1258113.jpg

[PR]
by hananorusaka | 2015-10-30 13:02 | diary | Comments(0)

花乃ルサカのBLOG


by hananorusaka
プロフィールを見る
画像一覧