月刊花ルサ2016年1月2月合併号 『今月のページ』

月刊花ルサ読者の皆さま

一年で一番寒い季節。
大寒を迎え、奄美大島でも雪が降るほどの寒波がやってきたりと 寒い日が続いていますが風邪などひいていないでしょうか。
花乃ルサカは、1月9日にはイベント、1月15日にライブを行い、現在は 3月のライブに向けてまた準備を進めているところです!
今月は、1月に行なったライブレポやコラボの様子、コラボした皆さんの コメントなどなど、盛りだくさんでお届けします!
from花乃


★Contents★
1. 2016年1月9日 ライブレポ@Yokohama O-SITE
2. 2016年1月15日 ライブレポ@四谷天窓.comfort
3. コラボメンバーのコメント
4. 今月のオススメ



1. 2016年1月9日 ライブレポ
@Yokohama O-SITE(ヨコハマ・オー・サイト)


年末に急遽お誘いがあり、出演したイベント。
出演者は、ヒメノアキラ / 谷口崇 / 江崎掌 / 花乃ルサカ というラインナップ。
「シンガーソングライターとは何か」 というコンセプトの元、篠原美也子 さん、 坂本サトルさんのMCのお二人とたっぷりトークも交えながらの内容となりました。

花乃ルサカが演奏したのは、
1.RING
2.二度とと来ない日
の2曲。

1曲目のRING演奏後は、ステージの右側に椅子が用意されており、事前に書いたアンケートを元に長めのMC。
演奏時間よりしゃべっている時間が長いのは花乃ルサカにとっても初めてで、ドキドキでした。
「インドア派?アウトドア派?」「ネコ派?犬派?」など、花乃とルサカは真逆のコタエがいっぱいで、改めて違う者同士、ユニットを組む面白みがある!と私(花乃)は思いました♪
「二人はケンカしたりしないの?」というMCの方の質問にもありましたが、 本当にケンカはしません(笑)かといって、表面づらで向き合っているわけでもありません。
違いを良いこととして捉えられれば、これ以上楽しいことはないという感じでしょうか。

ただ、大切なことは、核の部分は同じということだと思います。
花乃ルサカとして楽曲を作ったり、演奏をしたりという核の部分は二人共ピッタリと合わさっているからこそ”違い”が生きてくる。
逆に、例えばどんなに趣味が合ったとしても、核の部分が違えばそれは良い化学反応が起きるかは微妙だと思います。
自分が二人いたら絶対ユニットを組みたいなんて思わないし(笑)でも、同じ核を持った人じゃないと組む意味がないし。
というとてもワガママで繊細なポイントが奇跡的に合っている2人なのだと思います。
そんなことを改めて思わせてくれるライブイベントでした。

もし第2回があれば、、また参加したいです!
「2曲しか演奏しないんじゃなぁ、、行きにくいなぁ。。」と思う方もいらっしゃると思います。
実際、出演するまで、自分自身もどうなのか。。と不安でしたが、 演奏者の話を聞きながら曲を聞くと、聞こえ方がいつもとは違って新鮮な感覚を覚えるかもしれません。
もし次があれば、是非見に来て欲しいと思います!
by花乃


2. 2016年1月15日 ライブレポ@四谷天窓.comfort

お正月気分も少しずつ抜けてきた15日。
花乃ルサカは新宿区高田馬場にある四谷天窓.comfortで、新年初ライブを行ないました!
来て下さった皆さま、ありがとうございました!
e0078743_17364998.jpg

e0078743_17371047.jpg

e0078743_17373070.jpg

e0078743_17375662.jpg

e0078743_17381379.jpg

お届けした曲は、

1.my name is love
2.時の奏
3.BLOSSOM
4.チットチャット
5.勿忘草
6.二度と来ない日

「時の奏」は二人で演奏初披露でした♪

天窓.comfortでは、月変わりのソフトクリームやカクテルもあって、とても好きな空間。
新年初のライブ演奏(イベントは9日に行ないましたが)を此処で迎えられて嬉しかったです!

そして、演奏終わりでは、ライブ出演者全員で松任谷由実さんの「春よ来い」を演奏。
女性ボーカル4人とバイオリン、ピアノの演奏、この日にしかできない演奏になりました。
youtubeにコラボ演奏の模様をアップしています。 是非見てくださいね〜!

【「春よ、来い」コラボ演奏動画】
https://www.youtube.com/watch?v=7G7gCtGNXCI&feature=youtu.be

では、コラボして下さった方々のコメントなどなどを紹介したいと思います!
by花乃


3. コラボメンバーのコメント


★仲村屋 さんより★
ボーカル4人にピアノとヴァイオリンという、とても濃厚で贅沢な時間を過ごすことが出来ました
歌っている私がウットリしてしまいました
楽しんでいただけたなら嬉しいです!
e0078743_154412.jpg

※仲村屋さんウェブサイト
http://nakamuraya-ssw.wix.com/nakamuraya423ssw



★山本さくら さんより★

先日のライブ、大変お疲れ様でした。

花乃ルサカさんとは、2度目の対バン。
前回はほとんどお話ができなかったのですが
今回はいろいろお話できて良かったです!
本当にありがとうございました!

お二人のステージはとても聴き心地が良くて
終始安心して聞 いていられました✩

そして、共演者のみなさまとの一夜限りのセッション。
お客様はもちろん、私自身も楽しむことが出来ました。

またどこかの会場でご一緒した際は
何か面白いことができたらなと思っています。

今後とも、よろしくお願いします!!
e0078743_15444079.jpg

※山本さくらさんウェブサイト
http://ameblo.jp/sakurainbow-com/



4. 今月のオススメ


それぞれ別の顔を持つ、花乃とルサカ。
花乃ルサカのもう1つの顔、、、から、オススメをお届けします!

★花乃(作詞家)からのオススメ★

200%宣伝となりますが、オススメにはかわりないのでお伝えします!
先行発売はファンクラブの方のみのようですが、一般発売が決定したらまたお知らせしますね!
花乃が参加しているのは、ライブ中の曲の歌詞(下記1.2.8.9.13.15曲目)ピアノ曲の作曲、演奏、ポエムと書かれている部分の言葉など。
通常のライブとは違い、1つのテーマをライブ全体を通して演出しています。
パフォーマンス、演奏、共に楽しめる内容です!

以下、U_WAVEの事務所の方より頂いた文面です。

【本文】 昨年、結成から10年目を迎え、さらに進化を遂げたU_WAVE。
UTSU自身も”すべてがリンクし進化した”と語る「FIFTH ELEMENT」のZepp Diver City公演の模様を収めたBlu-rayが、ファンクラブにて先行発売!
10年目の進化をお見逃しなく!
また、ファンクラブ特典DVDでは”善夜悪夜物語”や”Fan Party & Live Through 2015”の中から厳選された楽曲を収録!

【内容】
・Takashi Utsunomiya U_WAVE 10th Anniversary Tour 2015 -FIFTH ELEMENT-(LIVE Blu-ray)
・ファンクラブ限定特典DVD
・オリジナルミニポスター(A4変形)

【仕様】 ファンクラブオリジナルボックス(28cm×21cm)
【価格】 13,500(税・送料込)
【発送】 2016年3月下旬予定
【発売・販売元】 M-TRES Inc.

【収録予定曲】
OPENING : Discovery ~闇の中の光 光の中の闇 。扉の番人の誕生~
01 : NO LIMIT
02 : Dear Mr.pride
03 : Daydream Tripper (Poem : Mission ~扉の番人への手紙~)
04 : ISOLATION
05 : マリア
06 : Bye & Good Luck Poem : Recovery ~感情のビーズを探す日々~
07 : Happy Go Round
08 : True Blue Poem : One day 1 見つからないビーズ
09 : 4Feelings
10 : ID Remix Poem : One day 2 出会いが生みだすビーズ
11 : GAMBLE★JUNGLE
12 : Love & Peace & Doubt~Second Theme of U_wave~ GUITAR SOLO
13 : Last Voyage
14 : Rolling around
15 : connect Poem : フィフスエレメント
E.C.1 : Theme of U_wave
E.C.2 : Beat call the moment
------------------------


★ルサカ(悩めるママ)からのオススメ★ 

今月は愚息Gが4歳になり、私もママ歴5年目に突入です。
私もいわゆる「ママ友」なる輪に入れてもらい、子供たちの誕生日パーティーやら何やらに呼んでもらうことも。
そのママ友仲間が、パーティデコレーションのビジネスを立ち上げました。
目がハートになっちゃうような、可愛くてセンス抜群な飾り付けです!
大変な育児を楽しく乗り切りたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね~。

「A start is born」
http://www.asib.tokyo/

[PR]
# by hananorusaka | 2016-02-03 15:48 | diary | Comments(0)

月刊花ルサ2015年12月号 『今月のページ』

月刊花ルサ読者の皆さま

今年も早いもので最後の月となりました。
2015年、最後のライブはクリスマスソングも交え、花乃ルサカ、千宝美さん、 谷有由子さんの3組でお届けしました!
ライブの模様や千宝美さん、谷さんからのメッセージも交え、12月号をお届けします!

★Contents★
1. Liveレポ&写真 12月5日@下北沢SEED SHIP
2. コラボしたお2人からのメッセージ
3. 今月のオススメ(リニューアル♪)



1. Liveレポ&写真 12月5日@下北沢SEED SHIP

よく晴れた青空の中、日射しが差し込むSEED SHIPで今年最後のライブが無事 終了しました!来て下さった皆様、ありがとうございました♪ お昼間のライブということもあって、お子様もOKのワイワイなライブになりました!
千宝美さんのステージでは、花乃ルサカも参加♪
あたたかくてパワフルな歌声の演奏で一気に会場もあったまりました〜!
続いて谷さんのステージ。
お父様のギターと谷さんのピアノボーカルで、さらに会場はヒートアップ♪。 澄んだ歌声と、ピアノ、そしてギターが織りなす演奏は、親子ならでは?!な素敵な空間でした!
(お父様は日大芸術学部ご出身とのこと。私(花乃)の大先輩で いらっしゃいました!楽屋で判明♪)

そして花乃ルサカのステージ。
お届けした曲は、
1.カナリア
2.チットチャット
3.I Saw Mommy Kissing Santa Claus
4.Amazing Grace
5.二度と来ない日(千宝美さんと共に)
6.Christmas Time(千宝美さん、谷さんと共に)

〜アンコール〜
「クリスマスソング・メドレー2015」をお届けしました。

鈴やタンバリン、歌で会場の皆さんとひとつになって素敵な楽曲達になりました♪
e0078743_11475897.jpg

e0078743_11483861.jpg

e0078743_1149166.jpg

e0078743_11494395.jpg


2. コラボしたお2人からのメッセージ

12/5のライブでコラボしたお2人から、
花乃ルサカのメルマガ向けに、素敵なメッセージを頂きました♪

★千宝美さんより★

はじめまして。
千宝美です。

出会いは2006年にリリースした「143号線」で花乃ちゃんにアレンジをお願いしたことから。
その頃から何度か”花乃ルサカ”のお二人とご一緒する機会はありましたが昨年、お二人に声をかけていただき久々に共演することができました。

昨年に引き続き今年も花乃ルサカのお二人とコラボさせていただいたんですが、
今年は私のステージもルサカちゃん、花乃ちゃんにお手伝いいただき本当に華やかになりました!!楽しかったなぁ。
ピアノ弾き語り…一人っきりのステージがほとんどなので、誰かと声と重ねたり音を奏でることが人一倍特別で贅沢な瞬間に思えるのかもしれません!!
そして花乃ルサカの楽曲は私のドンピシャ!ストライク!すごく好きな音楽なので歌う瞬間ワクワクしてしまう!ただ難しい!!練習中は何度か悶絶…しました(笑)
いやぁ、さらっとやっちゃうお二人がカッコイイです!!
柔らかであたたかな花乃ルサカの二人が作り出す空間。
チビッ子達の奏でる鈴の音、皆さんの手拍子、そして笑顔…今年もご一緒できて幸せでした。
またどこかでお逢いできることを祈って…。
素敵なクリスマスを!!
e0078743_11504347.jpg

※千宝美さん ウェブサイト
http://www.chihomi.info/index.html


★谷有由子さんより★

今回、初めて花乃ルサカさん、千宝美さんとご一緒させて頂きました。
素敵なクリスマスソングのコラボ曲をアレンジして下さり、メールでやりとりする中で、優しいお人柄を感じ、お会いするのが楽しみでした!
音楽に対する情熱や想い、そこにいる方達をあたたかく包み込み楽しませる力に溢れている方々だな〜と実感し、ずっと憧れの目で見ていました。
コラボ楽しかったー♡
クリスマス前のひと時、ご一緒に過ごすことができてとても幸せでした!!
ありがとうございました!
e0078743_11511566.jpg

※谷有由子さん(Tiny Sun) ウェブサイト
http://tiny-sun.com/



3.今月のオススメ(リニューアル♪)

それぞれ別の顔を持つ、花乃とルサカ。
花乃ルサカのもう1つの顔、、、から、オススメをお届けします!

★花乃(作詞家)からのおすすめ★

→新旧問わず、作詞した楽曲からオススメを紹介するコーナーとなりました。
(宣伝かよ〜と言われそうですが、、宣伝も兼ねて(笑))
クリスマスも近いので、、 CHEMISTRY「恋する雪 愛する空」。

2008年11月5日に発売された CHEMISTRYの25枚目のシングル。
カップヌードルのCMソングにもなっていました♪ 冬にピッタリの楽曲です!
この曲はめずらしく詞先(歌詞を先に書いてメロディーをつけるという手法) の楽曲でした。歌詞を書いたあと、メロディーを作曲家の方が書き、文字を調整していきました。
歌詞の捉え方は人それぞれ。というのが私のモットーですが、エピソードを少し。

この歌のストーリーは雪→昔の恋人。空→奥さんor今の恋人。 の比喩になっています。昔の恋人との再会で、グッと心が揺れ動く主人公。儚く消える恋に燃え上がりそうに なるけれど、今の恋人or 奥さんを同時に思い出し心に葛藤が生まれる主人公。その葛藤の中で辿り着いたのは 雪を降らせる大きな空があるから、今の自分がいるという現実。愛の大切さや壮大さ。です。 物語を紡ぐ前に生まれたテーマは、『刺激と安らぎ。相反する2つの世界。』 というところからストーリーが生まれていきました。
CHEMISTRYのお二人の甘くやさしく強く深い声で、絵が見える楽曲になっています! 歌い上げすぎず、歌詞が届く歌声。とても好きな作品です。

(歌詞) http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A03398
(音源全国CDショップ、(ネットでも)) ex)
http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9B%AA-%E6%84%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A9%BA-CHEMISTRY/dp/B001GDJ6XW



★ルサカ(悩めるママ)からのオススメ★

12月のライブは、子連れウェルカムということで、たくさんのママさん、パパさんもお越し下さってました♪
同じライブハウスにいても、じっと聞いたり笑ったり泣いたり、当たり前ですが反応はそれぞれでしたね。

さて、うちの愚息(以下、Gと表記)は3歳児。
日々の子育てでも、「なんでこんなことで、この子は泣いちゃうんだろう?怒っちゃうんだろう?」というナゾの連続です。
他のどの子とも、自分とも違う、一つの個性。
どう接したらいいのか、ほんと悩みます。。。

そこでおススメしたいのが。。。エニアグラム。
これは、人間を9つの基本的な性格タイプに分類した性格分析法なのですが、自分とは違うタイプについても理解することで、より人とのコミュニケーションを円滑にしようという考え方です。

もちろん、9タイプというのは、本当にざっくりとした分け方に過ぎないのですが、全てのタイプに、ピーンと思い当たる人が身近にいるんですよね。ビックリするほど。

それで、Gについても、「このタイプの子供が不機嫌になると、こうなる」というのが見事に当てはまるところが、あるのです。
具体的には、怒るとムスっとして無口になり、強情になるという…。しかも、なぜ怒っているかを聞かれても自分では言わないので(←これも全くGに当てはまる)、怒っている種を親が見つけてあげて、それに対して共感を示すと良い、というようなことまで、とある本に書かれていました。

がんばって実践してみたら。。。苦労はしましたが、見事に成功。
そのやり取りをするのは非常に時間がかかり、途中で何度も天を仰いで、もう諦めそうになる自分と闘わなければなりませんでしたが、ただ叱りつけるよりもGは心を開いてくれました。

怒っている種に対する、共感。

結局は、そんな当たり前のことなのでした。
でも、うまく説明できない子供と接していると、それがいつの間にか頭から抜けて「早くしなさい」という命令になってしまう。。。

エニアグラムで全てのことが解決するなんて思っていませんが、そんな当たり前のことを考えるきっかけにはなるのかな。
皆さんももし、「この子(人)は、なぜこうなんだろう!?」ということがあったら、少しは役立つかもしれませぬ~。
[PR]
# by hananorusaka | 2015-12-22 12:00 | diary | Comments(1)

4K撮影

10/3に行なった、ワンマンライブ。
当日のリハーサルを、デジコン株式会社さんが何と、大掛りな4Kカメラで撮影して下さいました。

http://4kista.digi-c.co.jp/news/20151103.html

会場スペースの都合上、本番ではなくリハ風景の撮影だったので、あの日はリハの時から本番さながらのドキドキ感に包まれていました…。
編集が終わったら、Youtubeなどで公開させて頂きますね!
デジコンの皆さま、有難うございました♪016.gif

デジコン株式会社についてはコチラ058.gif
http://www.digi-c.co.jp/
[PR]
# by hananorusaka | 2015-11-04 11:15 | diary | Comments(0)

ライブ情報

★ライブ情報★---------------------

2015/9/2(水)@四谷天窓.comfort
http://otonami.com/comfort/map/
18:30open 19:00start

※花乃ルサカの出演は4組中4組目、 21:00-21:35 です。
 ぜひ他のアーティストさんのステージもごゆっくりお楽しみください!



花乃ルサカ ワンマンライブ
「二度と来ない日〜No.199〜」

■場所
四谷天窓.comfort
http://otonami.com/comfort/map/

■日時
2015/10/3(土)
18:45 開場 / 19:15 開演 (21:15終演予定)

■料金:3500円(ドリンク代別途600円)
■出演:
  花乃ルサカ(piano 田中花乃、vocal/violin 清水瑠沙香)
  斉藤“jake”慎吾(guitar)
  坂上領(flute,etc.)

おかげさまで、花乃ルサカは今年でユニット結成10周年を迎えました。
199回目のライブとなる本ワンマンライブは、初心に戻り、
初ワンマンライブを行なった四谷天窓.comfortにてアコースティックスタイルで行ないます。
ゆる楽しいトークとともに、未披露の初期楽曲から新曲まで、
熟成度を増した(!?)花乃ルサカサウンドをお楽しみください♪
新しいグッズの販売も行います!


2015/12/5(土)昼 クリスマスライブ@下北沢Seed Ship
http://seed-ship.com/access.php
13:00-15:00(予定)
ACT:
・千宝美
 http://www.chihomi.info/index.html
・Tiny Sun
http://tiny-sun.com/
  ・花乃ルサカ

12/5のライブは、お子さん連れの方、大歓迎です!
クリスマスソングも交えてお届けしていきます。
千宝美さん、Tiny Sunさんとのコラボもあるので、どうぞお楽しみに!
[PR]
# by hananorusaka | 2015-10-30 13:37 | Comments(0)

月刊花ルサ2015年11月号

月刊花ルサ読者の皆さま こんにちは001.gif
秋真っただ中な今日この頃、風邪などひいていませんか?
今月号は、10月のワンマンライブの模様をお届けします!
では、早速月刊花ルサスタートです!
from花乃

★Contents★
1.ワンマンライブレポ 10月3日@四谷天窓.comfort
2.ワンマンライブ 写真
3.花乃&ルサカより ~ワンマンライブを終えて~



1.ワンマンライブレポ 10月3日@四谷天窓.comfort

二度と来ない日〜No.199〜。
ライブを始めてから199回目となる2015年 10月3日。
花乃ルサカはゆかりのある四谷天窓.comfortにてワンマンライブ を行いました!
ハロウィン月だったこともあって、店内はオレンジ色のやさしい雰囲気と、 お祭りのワクワク感が混じった演出。
サポートには
ギター さいとう”jake”しんご 
ゲストにはフルート等 坂上領
を迎えて4人でお届けしました。

※ジェイクさんがいなければ、花乃ルサカのライブライフはなかったと言っても 過言ではありません。
ライブとはなんぞや。というところから、アレンジなど など、いつも同じ目線で優しく寄り添い、力をくれています。
坂上君もジェイクさんを通じて出会い、今では花乃ルサカには欠かせないメンバーです。楽曲に華やかな彩りを加えてくれています。

演奏曲は下記の通り。

1.コンダクター
2.暁
3.clover
4.チット・チャット
5.迷路
6.虹
7.檸檬
8.ハンガリアン・ウォーター・ラプソディー
9.RING
10.cuculus canorus
11.月兎
12.チェイス
13.Fine Day
14.雫
15.二度と来ない日

〜アンコール〜
1.ゼロ
2.サヨナラが聞こえる


・チット・チャットはジャズ風の新曲。
 作曲した当初、迷路は元はR&B風、 虹はEDM風でした。
 ルサカちゃんの声も今とは全く違い、二人で何ができ るのか試行錯誤の日々。
 楽しいながらも焦りや不安も正直あった頃。

・初ライブでは、サヨナラが聞こえるを含め、ファーストシングルお披露目も兼ねて演奏したのが思い出されます。
 確かこの曲でルサカちゃんはギターにトライしたような?!

・RINGという楽曲は幾つものパターンを試し、Aメロが全然違うバージョンも当時ありました。
 サビの言葉は、二人で原宿から渋谷へ向かう明治通りから一本はいったカフェで生まれました。
 『BLACK PAIN』。 このキーワードから一気に命が吹き込まれた曲です。

・クラシックが二人とも好きということ、演奏してきたことから、インストも作りはじめ、ハンガリアン・ウォーター・ラプソディーもその中のひとつ。
  歌、楽器、が同じラインに立ち、曲の中で交互にメインに立つイメージは、花乃ルサカが表現したいことのひとつです。

などなど、一曲ずつ思い出がありますが、ワンマンライブで皆さんと共有できた時間を過ごし、この日のために生まれた曲達だったんだ。という実感が湧いてきました。
二度と来ない日。まさにスペシャルな一日でした!

by hanano


2.写真
e0078743_12505727.jpg

e0078743_1251548.jpg

e0078743_12524057.jpg

e0078743_1253876.jpg

e0078743_1254393.jpg

e0078743_1255390.jpg

e0078743_12551931.jpg

e0078743_12554070.jpg

e0078743_12564251.jpg

e0078743_12573329.jpg

e0078743_12582217.jpg


3.花乃&ルサカより ~ワンマンライブを終えて~

花乃→
しつこくなってしまいますが、本当に来て下さったみなさま、ありがとう ございました!
スーパーサプライズでクラッカー、そしてケーキまで頂き、 嬉しかったです。
あの瞬間は、ステージと客席がまるっと逆になったかの ような感覚を覚え、不思議な感じでした。
花乃ルサカの楽曲は、客観的にみるのは自分ではなかなか難しいのですが、 ファーストフードではなく、オーガニック食品なのかもしれません。
その意味は、身体にはよくないかもしれないけど、メチャメチャ美味しい ジャンクフード。
毎日はいらないけど、無性に食べたくなり、食べた時の ハッピー感はたまらない。 
オーガニック食品は、身体には良いけれど、 果たして本当に心の底から美味しいか分からないこともしばしば。
でも毎日摂り続けることで日々を健やかに保てるもの。
つまり、花乃ルサカの音楽は、ストレス発散に最適!でもなく、テンシン あがりまくりになる!でもなく、灰汁がなく、添加物もなく、サラッとしていて一見味気ないかもしれない。
でも、10年前の楽曲も、今の楽曲も、素材の味を楽しむことができ、皆さんとナチュラルな時間を創ることができる。
熱い想いも深い哀しみも、強いメッセージも、どんなテーマの楽曲でも。
叫んでストレス発散、は分かりやすいけど、深呼吸をしながら日々の疲れを癒せるような、明日からまた頑張ろうと思えるような、やさしさとつよさを忘れずこれからも活動していきたい。
と、皆さんとの時間を通して思いました。
これからも、よろしくお願いします!そして、本当にありがとうでした。
花乃


ルサカ→

今回のワンマンライブを行なうに当たって、10周年の節目ということもあり、花乃ルサカが存在する意味ってなんだろうと自分自身に問うことが多くありました。
振り返ってみると、花乃ルサカを立ち上げる前、私は会社人(←社会人でなく、会社人。笑)として必死に毎日働いていて、陸に上がった魚が水を欲するくらい、音楽を欲してました。
通勤中、満員電車の窓が小さすぎて。オフィス街の空が四角すぎて。
いろんな意味で息ができませんでした。
でもヘッドフォンをつけて目を閉じただけで、心は無限の世界に飛んでいけた。
花乃ルサカを聴いて下さる皆さんは、もっと楽に呼吸しながら日々過ごしていることを願いつつも(笑)、ふと疲れたとき、迷ったとき、そばに寄り添って、心のしこりを溶かし、また一歩踏み出そう!と思ってもらえるような存在になれたらいいな。なんて思っています。
そして、ライブでも元気をチャージしていって頂けたらな、と。

…ところがこの間のワンマンでは、私たちが元気をチャージさせる側になるはずが、お客さまからの思ってもいないサプライズ!
突然ジェイクさんと坂上君(←お客さまとグルになってました~)が曲を演奏しだし、客席からクラッカーが鳴り、ケーキが登場して… と、まるで夢の中にいる気分。
やられました。笑
このハッピーな気持ち、また次へのエネルギーに変えて皆さんにお届けします!待っててくださいね!017.gif058.gif
ルサカ
e0078743_1258113.jpg

[PR]
# by hananorusaka | 2015-10-30 13:02 | diary | Comments(0)

花乃ルサカのBLOG


by hananorusaka
プロフィールを見る
画像一覧